HOME商品一覧配送・支払い会社概要リンク

キャンプの基礎知識

カリスマWEBマスターが提供する、アウトドア入門!安全で美味しいお肉を提供するe−meatタカノが提供する初心者のためのキャンプの基礎知識です。

2005.2.12更新

TOP

キャンプの基礎知識

 炭火のおこし方
 焚き火のおこし方
 バーベキューの必需品
 キャンプの必需品
 突然の雨の対応は

 子連れキャンプ
 虫除け対策
 川沿いのキャンプ
 海のキャンプ
 非常食の準備


初心者のためのアウトドア用品の選び方
 テントの選び方
 タープの選び方
 マットは必需品
 シュラフの選び方
 テーブルの選び方
 イスの選び方
 調理器具の選び方
 ランタンの選び方
 懐中電灯の選び方
 アイスボックスの選び方
 鍋、コッヘルなどの調理用品・食器類 


一歩先のアウトドアクッキング
 タレを作ろう
 もみダレを作ろう
 美味しいお肉の焼き方
 野菜の下準備
ハラミをより美味く
 ミノをより美味く
 牛肉の串焼き
 牛肉と玉ねぎの炒め物
 豚肉とキムチの炒め物
 ハム、ソーセージのスモーク
 シュハスコ
 アルミホイルで作る焚き火ソーセージ
 ホットドッグ
 ポークソーテー
 ステーキ
 パスタ料理
 ビーフカレー
 焼きおにぎり
 炊き込みごはん
炭火のおこしかた1
 大きな炭には直ぐに火がつかないので、小さな炭から火をつけます。
まずは、着火剤などを使うことをお勧めします。
着火剤


 良く売られている着火剤は、卵のケースのような形をしているものですが、これを全て入れなくても数個に分けて、分散して置きます。
 大きな炭に添わせるように着火剤を置き、その着火剤と接触し、大きな炭に接触するように小さな炭を置きます。
 各着火剤に火をつけると、まず最初に小さな炭に火がつき、その後、大きな炭に火がつきます。この時に、あまり炭を入れすぎると酸素の通りが悪くなります。
 大きな炭にいきなり火をつけようとしても、火がつき難いため、着火剤からまず小さな炭に火をつけるわけです。着火剤は最初火が大きいですが、中の油がなくなると直ぐに火が小さくなりますので、小さな炭になるべく早くをつけます。
 大きな炭に火がついたら、同じぐらいの大きさの大きな炭を並べます。小さな炭と着火剤が崩れずに残っている場合は、新しい大きな炭に接触するように置きます。大きな炭と炭の間に炭を並べます。
 大きな炭と大きな炭の間に酸素がまわるように、横から団扇などで空気を送り込んでください。バーベキューなどでは、上の炭に火がついてから、鉄板を乗せるようにしてください。
炭火のおこしかた2
 着火剤が無い時の炭火の点け方は、新聞紙や落ち葉を使います。
上左図のように、新聞紙を小さな炭の下と、周りに置きます。火を点けた状態が上中図です。この時、燃えているのは、新聞紙だけで、炭には火がついていません。そこで、上右図のように、落ち葉を上に乗せていきます。落ち葉でなくとも新聞紙でも構いません。火が消えそうになると、どんどん落ち葉を乗せていきます。何度かこの作業を行ない、落ち葉を燃やし尽くし炭に火がついたことを確認します。下左図の中央の小さな炭が火がついた炭で、その周りに、大きな炭を置いて行きます。下右図のように、大きな炭に火が点いたら、網や鉄板を置きバーベキューを始めます。

焚き火のおこし方

 新聞紙を数枚くしゃくしゃにして、その上に乾いた枯葉を多く乗せる。その上に小枝を組上げ置く。小枝は、空気が中に入るように隙間をもうけること。松の枯れた小枝や、杉の枯れた小枝があれば、燃えやすいので好ましい。新聞の4角から火を点ける。
小枝に火がついたら、徐々に大きな木を組んでいき、燃やしていく。一度に多くの木を入れるのではなく、火のつき具合を確かめながら徐々に組んで行く。
 一般のキャンプ場で、直接薪で火をつけることを禁止しているところもあるため、でかける前に調べて行きましょう。

HOME商品一覧配送・支払い会社概要リンク

Copyright (c) 2002 by e-meat TAKANO All rights reserved. // e-mail : info@e-meat-takano.co.jp